ブログ Blog

振袖のコーディネート

未婚女性第一礼装の振袖
成人式には振袖を着て参加されておりますが、記念すべき振袖は自分流に自分らしくイメージ通り着たいですよね。振袖の着こなしのカギを握っているともいえる小物についてご紹介します。清水屋ではお客様のお好みでコーディネートさせて頂いております。カッコよく・可愛く・上品にとお好みも様々です。同じ着物・帯でもコーディネート次第でお好みのコーディネートに仕上がります。

帯締め
最近の振袖の帯締めは、何色もの色が使われたりパールなどの飾り・刺繍をあしらったり途中から房が何本にも分かれていたり斬新なデザインのものが登場しております。
合わせ方のポイントとしては 着物や帯の中にある色を小物に取り入れましょう。そうすることで自然なコーディネートに 又着物と同じ色の帯締めを合わせた場合全体の雰囲気が優しい感じになります。着物の地色と全く違う色を合わせた場合は帯締めが強調されよりしまったイメージになります。結び方にも色々ありアレンジを楽しむことができます。古くは歌舞伎の衣裳の着崩れを防ぐための小道具のひとつとして知られていました。今では着物を着用する際に欠かせないアクセントの一つになっています。

帯揚げ

枕の紐を隠しながら脇から前身ごろにかけて着付けるアイテムとして着物を飾ります。着物全体の中でも見える部分はわずかですが、着こなしのアクセントになります。帯揚げにも色んな素材がありますが振袖に使われるものとして絞りの帯揚げが一般的です。古来神の使いとされた小鹿の斑点に似ていることから鹿の子絞りと言います。無病息災・子孫繁栄が込められています。他にも刺繍を施したもの 二色染め・三色染め・金彩・いろんな種類のものがあります。帯締め同様着物姿を美しく演出する大事な役割があります。

伊達襟
伊達衿は、別の名を重ね襟ともいいます。着物の襟に直接重ねて何枚かの着物を重ね着しているように見せるために使います。伊達襟をつけると着物と半衿の間にもうひといろ色が入る為とても着物の胸元が華やかになります。慶びびを重ねるいう意味があります。

半衿
襦袢の衿に縫い付けて使うもので、首元の汚れが付くのを防ぎます。 着物の衿元からちらっと見える独特なオシャレアイテムで白半衿、刺繍半衿、色半衿など様々な種類があります。

創業149年 老舗 清水屋呉服店ではお客様の一生に一度の晴れ着選びをお手伝いさせていただきます。あなた好みの振袖で一生に一度の二十歳の思い出を作ってください。ご家族様皆様におかれましても 最高の良き日になりますよう心を込めてスタッフ一同お手伝いさせていただきます。

滋賀県大津市・高島市・草津市の成人式振袖は清水屋呉服店。振袖購入・レンタル振袖・ママ振袖・スタジオ成人式・前撮り写真撮影・成人式当日のお支度ができます。