ブログ Blog

令和6年(2024年)成人式を迎える方へ。振袖の準備はいつから始める?

成人式が3年後なのにもう準備を始めるの?

高校三年生なのにまだ早いのでは?と疑問をお持ちの令和6年、2024年度に成人をお迎えの方とそのご家族の方へ。

何故こんなに早く成人式のカタログなどが届くのか。早くに準備などを進めるメリットデメリットを解説します。

現状お店の状態としてはすでに令和6年の方振袖レンタルや購入等のご予約頂いています。卒業式や結婚式などで着る予定がある、進学が決まった、もしくはこれから受験などで忙しくなる方予定がある方などが来られています。また早めの予約がお嬢様もお母様も当日楽なので関心の高い方も来られています。1番振袖選びにご来店が多い学年の方は令和5年2023年成人式の方です。今選ぶとちょうど決める方も多く、早くも無く遅くも無い位の時期で、全体の順番的にはちょうど中位の状態となります。友達から決めたと聞いてきて頂いたり、しばらくお店など調べていて予定を合わせて来て下さっています。令和4年2022年成人の方は前撮り撮影会の最中でもう終盤です。振袖を選びに来られる方もいますが、大体の方が春くらいまでに決められますので、ご案内のカタログなどの送付は終了もしくは終了に近い感じかと思います。令和4年度でまだお選びで無い方は今なら間に合いますので夏の間に選びに来て頂きたいと思います。

地域的な状態としては、当店の近隣地域から京都の高校に通う方も多く、私服の高校の卒業式には振袖で参加する方が多い学校もありますので、以前から高校三年生の振袖のご購入などのご準備される方がありました。最近はそれ以外の方もご準備頂いていて、増えている傾向です。

そしてネットやSNS等での情報の共有により、成人式の準備は早い程良いそして、その1番早いのが3年位前というのが知られて来ました。振袖選びは2年ぐらい前にすると良いのは、成人式からの逆算で、前撮り撮影をするのが普通になってきていることがあげられます。スタジオ撮影やロケ撮影など選択肢が増えています。振袖のロケーション撮影は年中できません。振袖を暑い夏に外で着るのには適しませんし、成人式は冬とはいえ自然や緑が綺麗な時期に撮るのが良いので、春秋などの気候の良い時に撮るなどの季節性があります。写真やアルバムの納期1-3ヶ月を考えると、一年前の春頃には撮ると、成人式を迎える年のお正月には写真も揃っている状態でご家族ご親戚でお祝いや報告ができます。前撮りをロケ撮影やスタジオ撮影など選べる時期ででやろうとすると、成人式の一年前には振袖が仕立て上がっている必要があります。購入やファーストレンタルのお仕立てが2ヶ月程度かかります。(コロナ禍やこだわり等でもうすこし長引く事もあります)

その前の段階として、振袖選びがあります。春から秋頃には振袖選んでおく形となります。これで2年なのですが、そのため2年前の春休みや夏休みに振袖選ぶ方が大半です。しかし高校を卒業すると進学や就職で地元を離れる人や卒業式で振袖を着る人がいる事から3年前からのご案内が始まり、カタログなどを参考にして家族でお話をしてもらってから選びに行かれるのが一般的になっています。振袖選びは一人でふらっと行というよりは、お母さんとお嬢さんお二人で相談されたり、ご都合を合わせたり、一緒に行って一緒に選んで決めるお家の一大イベントかと思います。行くまでに買うのかレンタルなのかとか好みや予算などのまずは親娘での相談をしてもらうためにピークとなる2年前に間に合うように、3年ぐらい前からカタログなどが届くようになっています。また最近では振袖選びを娘さんお一人やお友達と行い、保護者の方はお支払いお願いしますと言う店舗もあるようですが、当店では未成年の方に対して決して安くない金額の契約をする事はしていません。ご契約に関してはご家族の方にしていただいています。何より親娘で振袖を選ぶ時間を楽しんで欲しいのと、大切にしてもらいたい思い出だと思いますのでぜひ親娘様ご一緒にご来店下さい。

ご都合やお住まい等の関係で、先にどちらかがお下見とか、個別のご事情に関しては対応いたしますのでご相談下さい。

成人式当日のヘアセットメイク着付けなどの開始時間は?

早く選ばれる方の多くが気にされていることのひとつでもあるのが、成人式当日のヘアセットメイク着付の開始時間です。

当日のお支度開始時間は多くの店舗でご成約順にご予約になるかと思いますので3年前からのご予約だと好きな時間の予約を取りやすいです。当店の場合大津市が午前開催の事から深夜3時台から7時台と幅が有りますので、ゆっくり目のお支度をご希望の方は早めの振袖のご成約が有利です。また開催時間が変わったり二部制など分かれた場合でも契約順に当日の時間の変更をしていきます。

デメリットとしては、好みが変わるかもしれない事をあげられる方がいらっしゃいます。18才19才女の子が急に明日から好きな色や似合う色が変わることはそうそう無いと思います。お客様から好みの変化を理由として振袖を変更したいとのお声を聞いたことは今までにありません。振袖はフォーマルな振袖に関しては流行が無いわけではありませんが緩やかです。色や柄の変化があっても、振袖の全体の形が変わることはありません。購入する場合には成人式だけでなく少し年齢が高くなった場合でも対応できる上品な振袖や帯を選ぶ事を優先すれば、襟や帯締め帯揚げ草履バックなどの小物は買い足すことも出来ますので華やかなものにしてもokかと思います。また以前は友達と被りたく無い、逆に同じ色で合わせる、双子コーデなど人や周りを意識した振袖選びをしている傾向がありましたが、今はコロナ禍で個人個人の好みや独立した考え方、家族とのコミュニケーションを持つ事が進んでいます。みんなと一緒とか人と比べてとかをあまり考えずに、自分の希望と家族との相談の中で決められる様になってきていると思います。

とのデメリットとして支払いが早くなる事があげられますが、どうせ成人式までに支払うものです。銀行に入れておいてもついてるかついてないかの利子よりも当日の時間が良い時間で予約できる方を選ばれる傾向にあります。お店自体が数年先まであるか心配な場合は、信用度の高いお店を選定し、振袖を購入すれば手元に置いておけます。ショッピングクレジットやクレジットカードなどで支払いをすれば万一の際に安心です。

メリットデメリット関係なしで、成人式があるか心配している方が準備を様子見しているところもあります。今年も大津市、草津市、高島市の成人式ありましたし、ワクチンが普及してきていて、来年成人式のない可能性の方が少ないと予想されますのでご用意は進めておいた方がよろしいと思います。逆になかった場合でも前撮りで写真だけでも撮っておくのは大切な事だと思います。今年のニュースでは成人式当日成人式の中止の方が友達や家族と出かけたりする光景などがTVなどで放送されていました。その様な形で個人的なそれぞれの成人の日を送るのもよい思い出だと思います。

ママ振の方こそ早めのご準備をおすすめします

振袖の準備が遅い方の中にママ振袖があるからという方が多くいらっしゃいます。ママ振の方こそ早めのご準備をおすすめします。振袖のクリーニングや仕立て直しやサイズ直しなどの加工をすると普通に仕立てるよりもお時間がかかったりするので、早めに手元に振袖を持ってきてもらって、まず出してみる。お嬢様に見せ好みの確認をする。汚れや破損、サイズ、小物の有無の確認をする。チェック項目が多い、個別に確認する必要があるのもママ振袖の特徴です。自分で確認出来ない、わからないと思ったらあるものを持ってお嬢様と清水屋にいらして下さい。無料で点検致します。

それぞれメリットとデメリットを比較してもらって、お嬢様と親御さんのお二人のご都合を合わせてもらい早いうちに行ける時に選ばれると良いと思います。

お忙しい方もですが、いつも2人とも家にいるしいつでも行けるという方!コロナ明けたらお出かけや学校部活など外に出かける用事で忙しくなることもあります。いつでも行ける方こそ遅くなることもあるので、早めの振袖準備が安心でお得だと思います。まずはご家族でお話をしてみて、ぜひ親娘様でこの夏にお振袖選びにいらして下さい。感染対策もしてお待ちしております。

清水屋は大津市・草津市・高島市の皆様からのご愛顧賜りおかげさまで創業150年
〒520-0033 滋賀県大津市大門通3-24 清水屋呉服店