SALE

八代目 澤屋重兵衛展

重兵衛ワールドへの誘い

日時:10月17日(金)・18日(土)・19日(日)・20日(月) 10:00〜19:00(*最終日は18:00まで)

会場:きものサロン清々庵 清水屋特設会場

古代錦と幻のお茶でおもてなし

西陣の老舗『澤屋重兵衛』。昨年開催した個展は大変好評をいただきました。
展示会でしか見られない作品を「もう一度見たい」のリクエストにお応えし、
澤屋重兵衛の京都の工房を訪ね10月に個展を開催する運びとなりました。
今年もぜひお楽しみください。


京町家の工房で、作品との出会いに心躍りました。

  • 澤屋重兵衛さんの工房訪問記

残暑厳しい8月某日、清水屋社長とおかみは京都西陣の澤屋重兵衛さんの工房がある京町家を訪れました。五感で涼しさを感じられるよう、お茶やお菓子など心配りが行き届いたおもてなしには重兵衛さんのお人柄を感じずにはいられません。
この工房で創り出される古代錦は、初代から八代目の重兵衛さんまで120年以上匠の技が受け継がれている伝統の袋帯。手で隙間なく織り込まれた箔が、優美で重厚感のあるきらめきを放ち、モダンなデザインは、至福のときへと誘うような柔らかな雰囲気を漂わせます。
「ただ形あるものではなく、生涯の友として使いつづけ、次の代へ伝えることができる『ほんもの』。
そんな思いを込めて作品を手掛けています」と重兵衛さん。


▲澤屋重兵衛

▲八代目 澤屋重兵衛さん

▲織の現場

▲新作を紹介

エリザベス女王が誕生日にだけ味わう「幻のお茶」でおもてなし

催事期間中は作品との出会いの空間の楽しさにもこだわる重兵衛さんにより、日常の生活をひとときの間忘れさせる、今までにない特別な空間が店内に創り上げられます。
おもてなしは、市場にはごくごくわずかしか出回らない幻のお茶『東方美人』。
東洋のある場所で一年に一度だけほんのわずかにしか収穫できず、非常に高価です。そのほとんどがヨーロッパの皇室で珍重され、エリザベス女王が誕生日にだけ飲まれるほどです。

そしてこのお茶と愉しんでいただけるのが、厳選した丹波栗と黒大豆のパウンドケーキ。重兵衛さんの作品と同じこだわりが詰まったお菓子です。

一飲滌昏寐
情思爽朗満天地
再飲清我神
忽如飛雨洒軽塵
三飲便得道
何須苦心破煩惱
此物清高世莫知
世人飲酒徒自欺
〜(中略)〜 熟知茶道全爾真
唯有丹丘得如此

一杯飲むと眠気がさめて、
心身ともに爽やかで天地に満ちている。
二杯飲むと心は清くなり、
たちまち雨が塵をあらったよう。
三杯飲むと物事の道理を得ることができて、
すべての悩みを苦労なく追い払える。
この飲み物の素晴らしさはまだ世に知られておらず、
世間の人は皆、お酒で自分をだましている。
〜(中略)〜 茶道の全容を知り尽くしているのは、
ただただ丹丘(陸羽)だけだ。
(唐代 皎然)
飲茶歌誚崔石使君より一部


創業200年を目指して・・・

Since 1872(創業明治5年) 家族愛 美しく心豊かに ...

フリーダイアル 0120-5298-02